ダウンを長持ちさせるために

ダウンのクリーニングってどうすればいいの?

あったかくて軽くて丈夫、更にダウンベスト、ダウンジャケット、ダウンコートなど、シーンに応じてファッションも楽しめる、そんな使い勝手のいい防寒着として人気のダウン。ただ、着る回数が多い割にはクリーニングする回数が少ないアイテムでもあります。

 

でも当然ながら、着用後のダウンは汚れています。襟回りや袖口には皮脂汚れ、女性ならファンデーションが付着しているかもしれません。生地表面に食べ物のシミやタバコの臭いが付いていることもあります。更に中綿の羽毛には汗が染みこんでいて、徐々にボリューム感もなくなってきます。

 

これをそのまま長く放置してしまうと、元の状態に戻すのが難しくなります。ダウンをクリーニングに出す頻度は、着用回数が少なければシーズン終了後に1回でOKですが、着用回数が多いなら年明け頃に1回、シーズン終了後1回の年2回が理想ですね。

ダウンは自宅で洗える?

ダウンクリーニングの料金は業者によって様々ですが、一般的には2,000円前後〜4,000円ほどかかります。家計のやり繰りを考えると、ご自宅で洗濯したいという声も多く、実際、洗濯表示タグを確認して「水洗い可」なら、おしゃれ着用の中性洗剤での洗濯も可能です。

 

参考:家庭でできるダウンジャケットの洗い方

 

ただ、一口にダウンと言ってもユニクロのように1万円以下で購入できるものもあれば、モンクレールのように10万円オーバーのハイブランドもあります。前者なら自宅洗いもアリだとは思いますが、数万円するものになると勇気がいりますよね。

 

「ダウンのふっくら感がなくなってしまうのでは?型崩れしないの?」

 

こんな不安が付きまといます。高級ダウンはやっぱり取扱いに慣れたプロのクリーニング業者に出すことを強くおすすめします。中でも最近は、自宅にいながらサービスを受けられる宅配クリーニングが便利です。

ダウンクリーニングにおすすめの業者

ダウンを任せるならリナビスがおすすめ♪

高級ダウンの扱いに慣れている宅配クリーニングと言えば、手仕上げ・自然乾燥にこだわった高品質な仕上げが評判のリナビスです。

 

リナビス公式ブログによれば、モンクレールは毎日のように持ち込まれるとのことで、他にもカナダグース、タトラス、デュベティカなどの依頼も多いそう。このように、ちゃんと実績をうたっていると安心できます。

 

また、リナビスはパック型宅配クリーニングなので、一緒に出すアイテムの組み合わせを工夫すると、料金もかなりリーズナブルです。

 

通常で5点パック7,000円ですから1点あたり1,400円。初めて依頼するなら初回5点4,900円の特典があるので、1点あたりわずか980円。この価格で手仕上げ・自然乾燥のクリーニングを探しても、そう簡単には見つからないはずです。

 

更には最長6ヶ月の保管サービスまで無料です。次にお話しするようにダウンは保管環境も大切ですが、リナビスならクリーニングに出して、そのままプロの手で保管してもらえるので、これまた安心。やっぱり、シーズン終了後のダウンを任せるなら一押しのクリーニング業者と言えますね。

 

ダウンも安心♪リナビスの詳細を見る

ダウンの保管について

クリーニングから返ってきたダウンは、風通しの良い日陰で干した後に、型崩れしないよう幅と厚みのあるハンガーにかけて、スペースに余裕のあるクローゼットで保管します。

 

他の衣類に押しつぶされてしまうような狭い空間では、ダウンのふっくら感がなくなってしまいます。また、直射日光が当たる場所ではナイロンが変色したり、色褪せたり、中の羽毛が硬くなってしまったりする恐れがあります。

 

もし管理が不安な場合や最適な保管場所がない場合には、プロのクリーニング屋さんに保管までお願いしてしまうのも1つではないでしょうか⇒クリーニング保管サービス比較なび