着物を美しく保つために

着物のクリーニングはどうすれば?

一度袖を通しただけでも、着物の繊維には汗、皮脂が吸収されます。そのまま放置してしまうと、黄ばみやシミ、カビの発生原因になります。やはり保管する前には、着物もきちんとクリーニングをしておく必要があるのです。

 

ただ、着物はどこのクリーニングサービスでも受け付けているわけではありません。必ず着物のクリーニングを数多く手掛けてきた実績があるサービスに依頼ようにしましょう。

 

最近では着物専門の宅配クリーングもあるので紹介しておきますね。

宅配着物クリーニング専門店「洗匠工房」

クリーニングに出す頻度

また、本当は着物は一度着たら丸洗いするのが理想と言われています。でも、着物の繊維はとてもデリケートですから、クリーニングはどうしても大きな負担となります。

 

そこで、できるだけクリーニングに出す頻度を減らすよう、一度着たら、風通しの良い場所に陰干しして汗などが繊維に残らないように乾かすようにします。そして、季節の変わり目など、その後しばらく着なくなる時にクリーニング出すのが良いですね。

 

洗い方としては丸洗い、京洗いなどがよく知られていますが、他にもクリーニング業者独自の洗い方があったりするので、ホームページなどでそれぞれの洗い方の解説をしっかり読んで、好みで選ぶと良いでしょう。