スーツの長持ちメンテナンスのコツ

スーツはどれくらいの頻度でクリーニングに出すの?

最近では自宅で丸洗いできるタイプのスーツもありますが、一般的なスーツの場合、自宅での洗濯は型崩れやシワの原因になりますから、クリーニングサービスにお願いする方がほとんどだと思います。

 

そんな時「スーツはどのくらいの頻度でクリーニングに出せばいいの?」という疑問を持つ方も多いのではないでしょうか?

 

まず、1つ言えるのは、頻度をできるだけ少なくすることが型崩れや生地の痛みを防ぎ、長持ちさせるコツだということ。何着で回しているか、室内のお仕事か、外回りのお仕事かなどによっても違いますが、3着ぐらいの着回しなら、基本的にワンシーズンに1〜2回のクリーニングで充分です。

 

酷い汚れや臭いが付いてしまわない限りは、シーズン終了後、長期保管する前にクリーニングに出してしっかり汚れを落とせば良いイメージですね。

日頃のメンテナンスも大事です!

クリーニングの頻度を抑えるには、ちょっとした汚れ・シミや臭いは自宅で落としてしまうことも大切。食べ物の汚れ・シミなら食器洗い洗剤で落ちますし、ニオイについては次の衣類のニオイを取る方法が参考になると思います。

 

更に、1日着たスーツはハンガーにかけて湿気を飛ばしてからクローゼットにしまうようにして下さい。使用するハンガーも型崩れしないよう、厚みのあるものが最適。また、1度着たスーツはできれば中2日は休ませてあげたいところです。その意味でやはり3着以上のローテーションが理想的と言えますね。

クリーニングから戻ってきたら

シーズン終了後はクリーニングに出すわけですが、万が一、戻ってきたスーツに油系の匂いが付いているようなら、ドライクリーニング溶剤が残っている可能性があります。その場合、ビニールカバーを外して数日風通しの良い場所で陰干しして下さい。こうすることで、化学火傷の原因になる溶剤を飛ばすことができます。

 

その後は防虫剤の入ったクローゼットに保管します。特に冬物や夏物のように他の季節に着られないスーツは、翌年まで虫食いやカビからしっかり守ってあげなければいけません。他の季節物と一緒に宅配クリーニングの保管サービスに預けてしまうのも1つですよ(ご参考:冬物衣類のクリーニングと保管のコツ)。