夏物衣類のお手入れ法とは?

夏物のクリーニングと保管

夏物衣類というと、ご自宅の洗濯機でジャブジャブ丸洗いという方も多いはず。確かに少し袖を通しただけでも、すぐに汗で汚れるので、毎回毎回クリーニングに出すとコストがかかって大変です。また、コットン素材が中心で、洗濯機で洗えるものも多くなっています。

 

でも、長く着ることを考えたら、シーズン終了後にクリーニングに出すのがおすすめです。

 

夏物衣類は基本的に肌と直接触れるものが多く、ちょっと着ただけでも汗や皮脂を吸収します。日頃の洗濯でも、こうした汚れはある程度落ちるのですが、特に皮脂や垢などの脂系の汚れを完全に落とすことは難しく、衣類に残ってしまうことが多々あるのです。

 

そのまま保管してしまうと、汗や皮脂が少しずつ酸化して黄ばみの原因になります。ちゃんと洗濯してからしまったはずなのに、翌年見たらブラウスやシャツが変色していた!という経験がある方も少なくないのではないでしょうか。

 

やはり特に大切なもの、お気に入りのものについては、シーズン後にクリーニングに出したほうが安心です。

日頃のお手入れも大切

ただ、ドライクリーニングには汗などの水溶性の汚れが落ちにくいという弱点があります。そこで、夏物衣類をより確実に長持ちさせるためにおすすめの方法が、クリーニングに出す前に自宅で水洗いをしておくこと。もしくはクリーニングに出す時に「汗抜き」や「ウェット(水洗い)」のオプションを付けるのも良いですね。

 

また、汗や皮脂は時間が立つと落ちにくくなりますから、夏物衣類は袖を通したら、すぐに洗濯する習慣をつけることも大切ですよ。

 

最後に、夏物はシーズン終了後は来年まで使わないアイテムが多いと思います。そこで、衣替えのタイミングで9月から受付が始まるクリーニングの保管サービスに預けるのも1つ。かさばる秋冬物の購入に備えて、クローゼットをゆったり使うことができますよ。