最短でお届けできる宅配クリーニング

スピードクリーニング

街のクリーニング屋さん(店舗型)には、朝出して夕方仕上がる当日仕上げのようにスピードクリーニングを売りにした業者もあります。翌日仕上げなら、そう珍しくありません。

 

お気に入りの洋服を任せるには仕上げの品質も大事なので、早ければいいものでもありませんが、時にはどうしても数日後にこの服を着たいという場面もあるかもしれません。

 

ただ、宅配クリーニングの場合、宅急便が自宅まで来て集荷と納品をしてくれる利便性の高さがメリットですが、その仕組み上、当日や翌日の仕上げができません。今日明日に必要な衣類については、店舗型クリーニングに依頼するのがおすすめです。

 

では、宅配クリーニングをお急ぎで利用する場合、引き取り(集荷)からお届けまでの納期はどのようになっているのでしょうか?ここでは私のおすすめ宅配クリーニング3社の最短納期を比べてみたいと思います。

宅配クリーニングの最短納期比較

同じ業者でも、利用する地域、利用するコース、オプションの有無、依頼する衣類などによって納期は違ってきます。そのため、ご利用条件を次のように設定します。

 

【場所】東京都内
【コース】ハイクラスではなく標準コース
【オプション】なし
【衣類】最短納期対応の衣類

 

補足すると、高級仕上げのハイクラスにする、ウェット加工などのオプションをつける、特別な洗いが必要な洋服を依頼する等で、お届けまでの日数は余計にかかります。その他、地域や時期によっても変わる可能性があるので、あくまで1つの目安としてご覧下さい。

 

では、この条件下で最短納期を比較してみます。

 

業者名

最短納期

リネット(プレミアム会員)

最短2日

リネット(通常会員)

最短7日

リナビス

最短5日

せんたく便

最短5日

 

ご覧のように、宅配クリーニング人気3社のうち、最も納期が短いのはリネットのプレミアム会員です。プレミアム会員は年会費プランで実質無料になるので(詳しくはリネットのプレミアム会員とは?参照)、お急ぎ利用が多い方には一押しのサービスですね。

 

その他の宅配クリーニングにつきましては、最短5日〜7日見ておくのが良いと思います。

 

宅配クリーニング最短納期比較まとめ

宅配クリーニングは少し日数に余裕を持って利用するのに向いているサービスです。また、ここまで見てきたのは引き取りから納品までの最短日数ですが、注文から引き取りまでの時間も考えると、更に+1日見ておくと安心ですね。

 

繰り返しになりますが、あとは注文内容やご利用地域等によっても納期は変わります。お申込み時に実際の納品日が分かるので、そのスケジュールで大丈夫か確認してから出すのがよろしいかと思います。

 

私のおすすめ宅配クリーニング