ワイシャツを快適に着こなすために

うーん面倒…

ほとんどのワイシャツは、ご家庭で丸洗いできる素材で作られています。ですから洗濯機で洗えば、大抵の汚れを落とすことができるのですが、面倒なのが洗うことよりも、その後のアイロンがけですよね。

 

特に単身者の方は休日などにまとめてアイロンがけをするか、それが面倒な方はやはりクリーニングのご利用が多くなるのではないでしょうか。ワイシャツの場合、低価格な料金設定になっていますから。

 

ただ、お店の営業時間と仕事の時間がかみ合わない方などは、宅配クリーニングを利用するのも1つ。ネットで都合のいい日時を指定すれば、宅配業者が自宅までやって来て、集荷と仕上がったワイシャツのお届けを行ってくれるので、忙しい単身サラリーマンやOLの方にぴったりのサービスですよね。

クリーニングに出す時には

まず、クリーニングサービスではスーツの場合、水を使わないドライクリーニングが行われますが、ワイシャツの場合はランドリークリーニング(水洗い)が普通です。水洗いは汗などの水溶性の汚れには強いのですが、脂系の汚れは落ちにくく、汚れが残ったまま保管すると、襟元や袖口などの黄ばみの原因になります。

 

別途料金にはなりますが、長期保管する前には手作業で部分洗いをしてもらい、脂系の汚れを落としてもらうのも1つですね。

 

また、ボタンが取れそうな場合には、クリーニングに出す前に必ず自宅で付け直しておくことをおすすめします。取れかけたボタンはクリーニング中に取れてしまう可能性あります。なくしてしまうと後から探してもらうことはできませんから気を付けましょう。

 

もちろんクリーニングサービス側でも確認はしますが、ポケットの中に名刺、ボールペン、ライターなどが入っていないかチェックしてから出すのもマナーになります。